selected entries
categories
recent comments
recent trackback
archives
links
recommend
人が幸せになるにはごはんを作ればいいと僕は思う。

コウケンテツおかずの本―肉・魚・野菜のレシピ74 (別冊すてきな奥さん)

コウケンテツの”僕流”家ごはん―肉と魚介の献立&おもてなし (ORANGE PAGE BOOKS)

コウケンテツの野菜でごはん―僕のおいしい、とっておき。 (主婦の友生活シリーズ)



となりの国のスープとごはん (レタスクラブMOOK)

profile
気ままな日記
<< BIOLABトップ高山なおみさんの大きいハンバーグ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

パン教室
最近更新していなかったけど・・・パン教室もちゃんと通っています

一番古いネタが6月14日に習った内容なので・・・
まとめてアップしちゃいます。

ちなみに今はパンコースの兇終わり、12月から靴某覆爐海箸砲靴泙靴拭
(別に試験とかないです。)


6/14 パンコース気5回目 プルマンと胚芽パン

胚芽パンとプルマン

「プルマン」って、つまり食パンのことなんですけど、
名前の由来はどうやらアメリカの鉄道会社のプルマン社から来ているようです。
教室では、「1870年代アメリカの食堂車でフタ付きの食パンがだされ、
それを提供していた人の名前がプルマンさんだった」と聞きました。
他には「四角い形が列車を連想させるから」という説もありました。

胚芽パン

胚芽パンは、ローストした胚芽とウォールナッツを加えて焼きます。
とても香ばしくて美味しいパンです。

プルマン

パン教室って一度に沢山のパンを焼くのでパン屋さんみたいで楽しいです。

プルマン


6回目のロールパン・バターロールは用事ができたため受講できず・・・
でもこんな場合も補講という方法で他のクラスで同じ内容を受講できます。


7/27 パンコース兇1回目 チョコチップロールとバーンズパン

チョコチップロールとバーンズパン

バーンズパンは先生が作ってくれたパティを挟んでハンバーガーにしました。

バーンズパン

チョコチップロール

チョコチップロールはトレートリノ型というお花のような形をした型に
入れて焼きました。(あんまり形がついて無いですけど・・・)
中にはピーカンナッツとチョコチップをたーっぷりと巻き込んでカット。
焼きあがったら仕上げにはさらにチョコでコーティング。
ぐふふ・・・


8/10 パンコース兇2回目 フォカッチャ・スコーン・さわやかビーンズスープ


フォカッチャとスコーンとさわやかビーンズスープ

フォカッチャは焼き上がりの熱いうちに岩塩?入りのオリーブオイルを塗り
半分にカットしてさらにスライス。
トマトとモッツァレラチーズを挟んでクッキングペーパーで包み
オーブンで温めて、最後にベビーリーフを挟んでいただきました↓

フォカッチャ

ウマー

スコーン

スコーンはパセリ入り。でもパセリの味はあんまりしない。
紅茶の葉を使っても良いそうです。
スコーンってモサモサする気がして食わず嫌いだったけど
このスコーンは美味しくてあっという間になくなっちゃいました


3回目のメロンパンとオールドイングリッシュマフィンは都合でまだ行けていません・・・
そして9月は秋の体験教室で授業はお休みになりました。


10/12 パンコース兇4回目 ブリオッシュ・コルネ

ブリオッシュ

ブリオッシュの成形は3通り。
1つ目は「ブリオッシュ・ア・テート」(写真左手前) 僧侶が瞑想している姿
2つ目は「ブリオッシュ・シュクレ」(写真奥) シュクレは「甘い」の意味
3つ目は「ブリオッシュ・ムスリーヌ」(写真右手前) ムスリーヌは「絹」の意味

コルネ

コルネは中に詰めるチョコレートクリームも手作り。
ちょっと詰めるときに力が要ります。
腕がプルプルした(笑 ↓

コルネ


ブリオッシュ

たくさん集まった僧侶たち。 頭が落っこちそう・・・

ブリオッシュ

うなだれた僧侶・・・ 


この後、5回6回も終わりましたが写真の用意ができていないので
今回のところはここまで。
スポンサーサイト
お久しぶりです!!

ってこっそり覗いておりましたが(笑)

どれもおいしそうでよだれが・・・・。

teroteroもかぶりつきたいなぁ。


うなだれた僧侶。

これだけで何分も笑えそうですっっ><
| teroterobo-zu | 2008/12/14 10:32 PM |
*teroteroさん*

おひさしぶりです!!

お返事遅くなってごめんなさい。
冬眠していました(汗

笑えるブリオッシュってなかなか売ってないですよ!
きっと ww
| mikan | 2009/01/22 10:06 PM |









http://mikan100.jugem.cc/trackback/683